千葉の葬儀がきっかけで調べた葬儀の種類

先日、友人のお母様が亡くなり、千葉で葬儀がおこなわれました。

いままでは、両親のお友達や知り合いなど、両親と関係ある方の葬儀には参列したことはありますが、自分の知り合いの葬儀に参列するのははじめてだったので、マナーや作法についてしても心配でした。

とくに焼香については、よくわからなかったので、友人に相談したら、前の人と同じようにしていればいいんじゃない?と言われました。

それでも、やはり事前にネットで情報収集していったほうがいいと思い、さっそく葬儀のマナーについて調べてみました。

■こちらのページ等で調べました=>千葉の葬儀を取材

日本の葬儀は、ほとんどが仏式葬儀で、日本の葬儀の9割と言われているのだそうです。

その他に神式葬儀、キリスト教式葬儀、宗教がない自由葬、などです。

友人の葬儀は、千葉の葬儀セレモニーホールで行われるので、たぶん仏式葬儀かな、と思っていますが、自由葬やその他についてとても興味がわいてきたので、チェックしてみました。

無宗教の自由葬というのは、仏式でいうところの僧侶やキリスト教式でいうところの神父さんなどを招かず、自由な形で行われる葬儀なのだそうです。

葬儀の決まりや流れも自由ですが、実際には仏式葬儀や神式葬儀を参考にしていることが多いようですね。

セレモニーホールでは、いろいろな形の自由葬を提案したりプロデュースしているところがあります。

たとえば、音楽が好きだった故人のために音楽を聞きながら、生バンドの演奏をしながら葬儀をする音楽葬も自由葬のひとつということです。

  • Posted on 23. 4月 2016
  • Written by admin
千葉の葬儀がきっかけで調べた葬儀の種類 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.