友人のお母様が亡くなり、千葉の葬儀に参列するにあたり、焼香のマナーなど葬儀に関する作法などをネットで調べていました。

私にとって、自分の知り合いの葬儀に参列するのははじめてなので、失礼のないようにと思っています。

ネットでいろいろ調べていると自由葬というかたちの葬儀で音楽葬があるということを知りました。

私はまだ20歳代で、死ということを意識したことはなかったけれど、小さいころからピアノをやっていた私にとって、自分の葬儀が音楽で満たされたらどんなに幸せだろう、と思ってしまいました。

自分の葬儀はぜひ音楽葬でやってもらいたいものですね。

音楽葬といっても、音楽を流すものや実際に演奏をしてもらうというケースがあります。

◆Pickupページ>>(URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013929.html

自由葬にとらわれず、音楽葬は、仏式、神式、キリスト教式など、どの宗教葬でも対応できるようですね。

生演奏による演出プランというものが千葉の葬儀業者が提案する中にあり、とてもステキだと感じました。

故人が好きだった曲や好きな楽器を奏で、最後を見送るというのは、とても感激です。

おごそかな葬儀の空間に、バイオリンやチェロ、ピアノの生の音が入ってきたら、参列している人の心にも感動をあたえ、故人との思い出があざやかによみがえってくるのではないでしょうか?葬儀の演出としては新しく、斬新で、そしてすばらしいアイデアだと思います。

音楽は、思い出をつめこんだカプセルのようですから、葬儀と音楽はすばらしい組み合わせだと思います。

千葉の葬儀業者が提案している音楽葬について はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.