千葉の葬儀に参列するにあたり、葬儀のマナーをネットで調べていました。

いちばん心配なのは、焼香のしかたです。

一緒に千葉の葬儀に行く友人は、前の人と同じようにすればいいよ、と話してはいるものの、もし何かハプニングがあり、自分たちが一番最初だったらどうする?なんて考えると、やはり知っておいた方がいいですよね。

また、これを機会に葬儀のマナーを知っておくべきだと思っています。

お焼香は、仏や死者に向けて香を焚いて拝むことで、細かくした香を香炉に落として焚くものです。

これは何を意味するかというと心と身体のけがれを取り除いて清浄な心でお参りするための作法なんだそうです。

左手に数珠を持ち、右手の親指と人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、 額の高さまで上げ香炉に落とします。

つまみあげてから香炉に落とすまでの動作を1~3回行うというのです。

また、お焼香には、立って行う「立礼」と、座って行う「座礼」、そして、座って香炉をとなりの人にまわり「回し焼香」というスタイルがあるそうです。

セレモニーホールでおこなわれる千葉の葬儀では、たぶん立礼ではないかと思います。

立礼でのお焼香は、 焼香台に行く前に手前で止まり、遺族と僧侶に一礼し、遺影に合掌、一礼しまてから焼香するそうです。

焼香が終わったら合掌し、最後にもういちど遺族に一礼して戻るというものです。

何度も葬儀に参列していれば、その動作も自然にできるのかもしれませんが、頭で考えているうちは、とても不安なものです。

千葉の葬儀でのお焼香のしかた はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.