千葉の葬儀に参列するにあたり、お焼香のしかたをネットで調べてみました。

焼香台に行く前に手前で止まり、遺族と僧侶に一礼し、遺影に合掌、一礼してから焼香し、焼香が終わったら合掌し、最後にもういちど遺族に一礼して戻るというものでした。

自分できちんとできるかな、と心配になります。

また、お焼香は右手の親指と人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、 額の高さまで上げ香炉に落とし、それを何回か行うというものです。

ネットには、それを1~3回行うと書いてありましたが、何回すればいいの?という疑問になってきます。

そこでさらに調べていくと、お焼香の回数は宗派によってちがうというのです。

抹香をつまみ額の高さまで上げることを押しいただくと言うのだそうです。

真言宗では押しいただき3回、日蓮宗では押しいただき1回または3回、浄土真宗では押しいただかないで1回、曹洞宗は1回目は押しいただき、2回目は押しいただかない、などなど・・・。

また、相手の宗派にあわせてお焼香するのか、自分が信仰している宗派に合わせるかは、特に決まりはないようですね。

ただ、相手の宗派に合わせるほうが丁寧だということです。

こんなに宗派によって細かく分かれているのですね。

ただ、千葉の葬儀セレモニーホールのホームページにも載っているように、回数はそれほど大事なものではなく、 1回で問題ないということでした。

大切なのは故人を想う気持ちなのかな、と思います。

宗派によって違う千葉の葬儀でのお焼香 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.